医学部の予備校は口コミを参考に選ぶ

医学部を目指している学生は多いですが、医学部に合格するということは、そんなに簡単ではありません。 受験の中でも最難関と言われる理由がいろいろあります。 大学の医学部にはいるには、国立大学を目指すのか、私立大学を目指すのか2つにわかれます。

国立の場合、いまの大学受験のシステムでは、センター試験をうけて、ある一定に合格基準点をとることが必要です。 その足切りと呼ばれる点数以下になってしまうと、各大学の試験は受けられないというシステムになっています。 ただ、医学部の場合は、足きりの点数でなんとか、2次試験にいけるという程度の点数では合格には至らないことが多いです。

医学部の場合はセンター試験で高得点をとることが最低条件とも言われています。 だいたい9割の点数があれば、二次試験でも合格がみえてくるといわれています。 勿論センター試験で8割5分であっても、大学によっては2次試験を重視する大学を選べばなんとか合格の可能性がみえてくる可能性があるのです。

センター試験は、科目数が多いので、学生にとっては勉強はとても大変なものです。 多くの科目のなかで苦手な科目があっては、医学部合格など望めません。 んな科目でも平均的にできなければ、まずセンター試験はあきらめたほうがいいということになるのです。 では、私立でしたら医学大学は、問題ないのかといえばそんなことはありません。私立医学は、倍率がとても高いからです。

20倍なども当たり前にでてしまいますし、問題も難解の問題が多いので、対策をたてるのがとても大変です。 このように国立であっても私立であってもとても最難関であるのは違いないので、予備校選びというのが要になってくるのです。 我が家の息子の場合は、センター試験の3か月前に予備校に入りましたが、医学専門のマンツーマンで学べる予備校に入りました。 友人の紹介と口コミの評価の高い予備校を選びました。それが、合格に決めてだったのだと思います。




クチコミ評価の信ぴょう性 チャレンジすることの大切さ
お役立ちリンク集
【医学部受験!!】数学勉強法 医学部 予備校 資料請求 【医学部受験!!】英語勉強法